夜間に装着するだけの床矯正!いつから始める?効果はある?

▲▲ヤマダ矯正歯科で子供の矯正▲▲
小児矯正

一期治療、二期治療

乳歯から永久歯に生え変わる時期に行う矯正治療を1期治療、または早期治療、小児矯正、予防矯正、抑制矯正と言い、永久歯が生え揃ってから行う矯正治療を2期治療と言います。

すでに永久歯が生え揃っている中学生、高校生のお子様はワイヤーを使った矯正治療になるので大人と同じワイヤーを使った矯正治療を行います。

床矯正(しょうきょうせい)

歯の生え変わる時期は、同時に、成長発育により骨格も変化します。この時期に、歯がキレイに生えるよう夜間にアクティブ・プレートを装着して頂きます。これを床矯正(しょうきょうせい)と言います。

床矯正は、アクティブ・プレートを毎晩8時間以上装着して1週間に1度ネジを回し、少しずつアクティブ・プレートの幅を広げる矯正治療です。

夜ごはんが終わったら、歯みがきをして、アクティブ・プレートを装着し、朝になったら取り外します。通院は2~3カ月に1度、経過を診ます。

▲▲ヤマダ矯正歯科で子供の矯正▲▲
早期治療の重要性

早期での治療をお勧めしてますが、ただ早ければ良いわけではありません。矯正治療は、永久歯がすべて生え揃って、初めて評価できるものです。乳歯を並べてもゴールではありません。

ここで紹介している「早期治療」とは、乳歯から永久歯への生え変わりの時期のことです。

早期に治療を始めることで、装置を付ける期間が短縮可能な場合があります。また、かみ合わせや、歯磨きしにくい部分の虫歯など、不正咬合により生じる問題もありますので、早めに専門医へ相談いただくことをおすすめします。

反対咬合、交叉咬合は5歳~可能

▲▲ヤマダ矯正歯科で子供の矯正▲▲
治療の流れ

Step 1 初診 カウンセリング

医院に予約を入れて初診相談へ行きます。

歯並びの気になるところ、アゴが痛いなどの悩み

どういう口元になりたいか

目立たない装置や非抜歯など治療の希望

学校、受験、就職、結婚、イベントなど、数年の大まかな予定

これらの悩みや、希望をお伝えください。料金や支払い方法を確認します。

Step 2 精密検査(検査のために2回~3回の通院が必要です)

問題の把握をします。

顎関節検査(アゴのずれの検査)

顔の写真

口腔内の写真

歯型の模型の作製

レントゲン写真(歯牙、骨格、顎関節)

埋伏歯など必要に応じてCT撮影を行います

これらの資料を取り、歯並びやかみ合わせの問題点を調べます。

Step 3 診断

治療の説明(現在の問題点、使用する装置の説明)治療のシミュレーションを行います。

※診断の結果、治療時期が早く治療開始を遅らせることもあります。

Step 4 虫歯のチェック 歯ブラシ指導

矯正治療中、治療後もキレイな歯を保つには、正しい歯みがきの方法を指導します。

Step 5 第一期治療(床矯正) 2ヶ月~3ヶ月ごとの調整(永久歯が生えそろうまで)

上下のアゴのバランスを整えて、かみ合わせの良い永久歯へ誘導します。 かみ合わせの問題点も早期に解消するため、早い時期から治療を始めると、成長してからの矯正より、装置をつける治療期間が短縮でき、きれいな歯並びに仕上げることができます。

一期治療のみの場合はこれで終了です。

Step 6 二期治療(装置をつける) 1ヶ月~2ヶ月の調整(1年~2年)

矯正装置をつけ、正常な歯並びとかみ合わせにしていきます。治療計画に従って進められます。1ヶ月~2ヶ月に一度の通院が必要です。

Step 7 治療終了

矯正治療は終了です。美しい口元を保つために、定期的な健診をおすすめします。

Step 8 歯を保定する(約2年)

キレイな歯並びと、正しい噛み合わせを維持、安定させるために保定します。矯正装置を外し、取り外しのできるリテーナーという保定装置を装着します。3ヶ月~1年に1回の通院が必要です。

595-0025大阪府泉大津市旭町18-3(0725-22-8558)