症状別に矯正治療の開始時期、不正咬合の原因を矯正治療の認定医、専門医が解説します。

不正咬合の特徴
症状別の治療例

乱杭歯・叢生(そうせい)・八重歯

乱杭歯・叢生(そうせい)・八重歯

叢生(そうせい)とは、歯がデコボコしたり、重なりあって生えてしまう状態のことです。乱杭歯(らんぐいば)や、八重歯(やえば)も叢生です。歯の大きさや数に対して、顎が小さいと、歯が並ぶ十分なスペースがなく起こります。歯ブラシがどかず、歯垢が残りやすいので、虫歯や歯周炎に注意が必要です。

出っ歯・上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯・上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、出っ歯とも言います。上顎が突出しているか、下顎が上顎より後退している状態のことです。上顎、下顎ともに前に突き出ている歯並びは上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)と言います。過度に歯が突出している場合、口が閉じにくく口が乾くので、虫歯や歯周病に注意が必要です。

受け口・反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)

受け口・反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)とは、受け口もと言い、下顎が突出している状態のことです。上の歯が2~3mm出ているのが理想の噛み合わせなので、下顎前突は反対咬合(はんたいこうごう)です。受け口は放置することで、成長期に下顎前方への成長を抑えるものがなく過大に成長し悪化します。出来る限り早期に治療することをおすすめします。(前歯だけでも改善することが望ましいです)

クロスバイト・交叉咬合(こうさこうごう)

クロスバイト・交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)とは、顎が左右いずれかへずれている噛み合わせのことです。交叉咬合は放置することで、成長期に左右で顎の成長に差が生じ、顔の歪が生じます。出来る限り早期に治療することをおすすめします。

すきっ歯・空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)

すきっ歯・空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)とは、歯と歯の間にすき間ができてしまう状態です。すきっ歯や、歯間離開(しかんりかい)、中心の歯にすき間がある状態を正中離開(せいちゅうりかい)と言います。

オープンバイト・開咬(かいこう)

オープンバイト・開咬(かいこう)

開咬(かいこう)とは、奥歯を噛んでも、前歯が噛み合わず、上下の歯が開いていしまう噛み合わせのことです。

ディープバイト・過蓋咬合(かがいこうごう)

ディープバイト・過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、噛み合わせが深い状態です。下の歯が見えないくらい過度に噛み合わせが深いと歯ぐきを傷つけます。

疾患・先天異常・口蓋裂(こうがいれつ)

疾患・先天異常・口蓋裂(こうがいれつ)

顎変形症(保険適応にについて) 1990年4月より顎変形症が保険適用となり、顎変形症は、見た目だけでなく、機能的に差し障りのある顎の歪みや噛み合わせの不調和に対して通常の矯正治療では改善出来ない骨格の歪みに対して顎の骨を切り、外科的処置を併用して矯正を行い、顎の不調和、咬合の改善を行います。

595-0025大阪府泉大津市旭町18-3(0725-22-8558)